• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 制度全般 』 内のFAQ

18件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • ISINコードとは何ですか。

    ISINコードとは銘柄を特定するためのコードです。国際標準化機構(ISO)が定めた規格ISO6166に準拠した証券コードであり、証券コード協議会がその権限に基づき体系的に付番しているものをいいます。一般債振替制度では、一般債の銘柄管理及びシステム処理において、このISINコードを利用します。 なお、一般債振替シ... 詳細表示

    • No:938
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:53
  • 一般債振替制度では、どのような債券を取り扱っていますか。

    社債、株式等の振替に関する法律第2条第1項に規定されている公社債のうち、一般債振替制度で対象となる債券種類(※1)(※2)は以下のとおりです。 1. 社債(株式会社、合名会社、合資会社又は合同会社が発行)  2. 地方債(※3)  3. 投資信託及び投資法人に関する法律に規定する投資法人債 4. 保険... 詳細表示

    • No:935
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 18:00
  • 一般債振替制度とはどのような制度ですか。

    一般債振替制度は、証券保管振替機構が「社債、株式等の振替に関する法律」に基づき実施する振替制度で、2006年1月に開始されました。 一般債振替制度では、券面発行の無い完全なペーパーレスを実現するとともに、システム上の口座(振替口座簿)の残高の増減記録により権利を移転することになっています。また、振替機関である証... 詳細表示

    • No:933
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:51
  • 一般債振替制度における取扱銘柄数はどれぐらいですか。

    一般債振替制度における取扱銘柄数や残高、機構における振替の件数、新規記録の件数などの各種データは、統計情報一覧のページをご参照ください。 統計情報一覧 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:47
  • 振替債を保有するためには、どのような手続きが必要ですか。

    投資家が振替債を保有するためには、口座管理機関となる証券会社等の金融機関に口座を開設する必要があります。本制度の口座管理機関は、制度参加者一覧のページにおいて、制度選択で「一般債振替制度」、参加形態で「機構加入者」を選択した場合に表示される金融機関のうち口座管理機関であるもの、もしくは、同じく参加形態で「間接口座... 詳細表示

    • No:926
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:55
  • 元利金はどのように受領するのですか。

    元利金については、銘柄ごとに、支払代理人から、一般債振替制度の階層構造を通じて、社債権者の上位機関が元利金を代理受領した上で、各社債権者に支払われます。 詳細表示

    • No:942
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:54
  • 振替債の売買等に伴う権利移転は、どのような仕組みになっていますか。

    振替債の売買等に伴う権利移転は、各口座管理機関が備える振替口座簿の残高の増減により行われます。 詳細表示

    • No:939
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:54
  • 医療法人が発行する債券は、一般債振替制度の対象になりますか。

    医療法により設立された医療法人のうち、社会医療法人が発行する債券については、医療法に債券発行に係る特別な規定があり、社債等に関する業務規程第8条の2第1項第6号に規定する特別法人債に該当しますので、一般債振替制度の取扱対象銘柄に含まれます。 一方、医療法により設立された医療法人のうち、社会医療法人以外の医療法人... 詳細表示

    • No:1197
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 18:02
  • 口座管理機関が破綻した場合、投資家の権利は守られるのですか。

    法律上、振替債の権利の帰属は振替機関(証券保管振替機構)及び口座管理機関が備える振替口座簿の記録により定まるものとされております(社債、株式等の振替に関する法律第66条)。万が一、振替口座簿を管理する口座管理機関が破綻した場合においても、当該口座管理機関の自己保有分のみが差押え等の対象となることから、投資家の権利... 詳細表示

    • No:941
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:55
  • 機関投資家向けの私募債のみ発行する場合でも、一般債振替制度で取り扱うことができるのでしょうか。

    一般債振替制度の取扱対象であれば、公募債、私募債に関係なく取り扱うことが可能です。 詳細表示

    • No:937
    • 公開日時:2022/08/08 00:00
    • 更新日時:2022/08/10 17:45

18件中 1 - 10 件を表示