• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 株式等振替 』 内のFAQ

31件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 前日振替請求に関する振替未了通知について

    2020システムにおける前日振替請求に関する振替未了通知の仕様は、以下のとおりとなります。 1.帳表ファイルの振替未了一覧表 ・未了理由が残高不足の場合 →渡方機構加入者と受方機構加入者双方の振替未了一覧表に当該請求の未了情報が含まれます。 渡方機構加入者の「未了理由コード」は「2」(残高不足)、... 詳細表示

    • No:390
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • 凍結方法の標準化について(2)

    凍結残高として管理される残高は、機構加入者のオペレーションによる移動が制限されます(凍結残高の操作は、機構のみが行えるものとなります。)。 詳細表示

    • No:111
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • JEX電文のエラーコード リンケージリファレンスNO(株式等リファレンスNO)にセンタリファレンス番号を設定

    リンケージリファレンスNOの設定が想定と異なることから、一時停止解除の対象となる請求が特定できないため、受付可能時間帯チェックが実施できずエラーとなっております。そのためエラー理由コード「1008:受付可能時間又は受付可能期間ではありません。」を返しております。 詳細表示

    • No:762
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • 数量、金額、口数等の標準化について

    現時点で、千円未満の数量が発生する可能性はありません。 詳細表示

    • No:121
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • ETF設定及び交換に係る清算制度におけるJSCCと指定参加者間の非DVP決済について

    当該決済は当日振替請求にて行われますので、振替済通知の処理区分コード及び処理識別コードは、以下のように設定されます。 処理区分コード:171 処理識別コード:1 詳細表示

    • No:728
    • 公開日時:2020/07/31 15:00

    • 2020システム
  • TA用の電文について

    TA用の電文が、機構加入者及びその計算会社に配信されることはありません。 詳細表示

    • No:500
    • 公開日時:2019/10/31 15:00

    • 2020システム
  • 凍結方法の標準化について(6)

    株式等振替制度に係る業務処理要領第3章第21節が該当します。 詳細表示

    • No:116
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • 凍結方法の標準化について(3)

    帳表ファイルの「機構加入者別口座残高表レコード」においては、帳表データ区分=「凍結残高」として凍結残高が配信されます。 残高確認ファイルの「残高確認データレコード」においては、「総数量」及び「機構加入者口座合計数量」に凍結残高が含まれることになります(ほふりクリアリング口座合計数量には凍結残高は含まれません。)。 詳細表示

    • No:112
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム
  • 譲渡担保の残高について

    それぞれの編集内容は、以下のとおりとなります。 ・機構加入者別口座残高表レコード   帳表データ区分"070":譲渡担保残高合計   → 譲渡担保残高(凍結残高(譲渡担保残高)を含まない)が、機構加入者の区分口座単位で設定されます。   帳表データ区分"073":譲渡担保残高   →... 詳細表示

    • No:469
    • 公開日時:2019/09/30 15:00

    • 2020システム
  • 内訳区分の標準化について(1)

    質権口又は質権信託口を渡方の区分口座として各種請求を入力した場合には、指定された区分口座に存在する普通口残高が振替対象証券数量に含まれます。 詳細表示

    • No:391
    • 公開日時:2021/03/31 15:00

    • 2020システム

31件中 1 - 10 件を表示